Loading

infomation

おススメの本「国境の南、太陽の西」村上春樹著


加藤です。
今日は、僕のおすすめの本を紹介します。


べたですが、
村上春樹です。
僕は大学四年の春に、
彼の本を一気に全部読みました。
なにか、現実と想像の世界の狭間にいたかったんでしょうね。
社会という場にでなければいけない、という現実を目の前にして。
僕が一番好きになって、
今でも、なにかふとした時に、本棚から取り出し読む彼の本は、ノルウェイの森でもなく、羊をめぐる冒険でもなく、ダンス・ダンス・ダンスでもなく、
「国境の南、太陽の西」
です。
muraka.jpg
この物語は、
中年にさしかかった男が、かつて好きだった女性に出会い、日常に、意味を見出していこうとする話です。
僕がこの主人公と、共通点であったのは、
「一人っ子」であるということでした。
彼が、「一人っ子」であることにたいし、自己分析をしていくのですが、
それが、ぼくにはよくわかった。
そして、
なにげない日常の中にひそむ、不安と、おそれ。そして、そこから抜け出したいと思う、願望。
そんなものが、
いつも僕の心をつきさしてくるのです。
もし、興味のある人は、
ぜひよんでみてください。
(かとう)

おススメの本「水木しげるの日本妖怪紀行」

12th produce演劇公演「普通の人々」【公演終了】

関連記事

  1. おススメの音楽『グループ魂』

    2007.01.10
  2. おススメの映画・DVD「ハッシュ」

    2006.10.11
  3. おすすめのスイーツ

    2008.05.12
  4. おすすめの映画「真夜中の弥次さん喜多さん」

    2006.05.26
  5. おススメの本「パプリカ」

    2006.10.04
  6. オススメの舞台DVD「空飛ぶ雲の上団五郎一座”アチャラカ再誕生…

    2008.06.03






PAGE TOP