Loading

infomation

オススメの本「クライマーズ・ハイ」横山秀夫


「ハイ!先生!今日は素敵な本を教えて下さい!」
「クライマーズ・ハイだよ。」


ども。最近、いぶし銀って言葉を聞かないなって思っているナガイです。
cmhi.jpg
いぶし銀じゃねー。ミーハーだよ。ミーハー。このタイミングでクライマーズハイを紹介するとは。
そうなのです。堤真一主演で映画で上映します。ジャンジャジャーン!ま、NHKでドラマやった時の方がきっと面白いだろうけどね。ケケケケ。佐藤浩市良かったし、脇役も良かった。大森南朋もこの時始めて知って、同じくNHKドラマ「・・・」(やべ、うっかり人の名前を書いてしまった。危ない危ない。ごめん。イヨ・・・)「ハゲタカ」ですっげーブレイクしたのです。僕の中で。はゔあブレイクのキットカットなんかメじゃないくらいブレイク。僕の中で。
たぶん、何が一番コラボレーション!かって
▼コレが一番だろうね。
大森南朋 × NHK
/話を戻します。「クライマーズ・ハイ」ってのは、山登りの漢(おとこ)たちが山登っててテンション上がってスッゲー集中しちゃうことらしいです。
幻の直木賞作品と言われるだけあって、密度が違う。「私の男」然り、芥川賞はおいておいて直木賞候補にあがる作品は、なんだかんだ言っても密度が必要なんだろうなーって思いますよね。
横山秀夫が全日空事故の時、群馬だか山梨だかの地元新聞社で働いていたらしく、当時の息吹というか、熱というか、現場の緊迫というか、ま、心地よい密度がたまらない作品です。
中でも記者が墜落現場を見ての「現場雑感」を書くのですが、えらいドキューンって胸打たれた。あれは、実際の雑感なんだろうか・・・?
と、まあミーハーな作品である「クライマーズ・ハイ」なのですが、なぜオススメするかって、そりゃ「皆さんに読んでほしい、面白い小説だから」です。
ぜひ、ご一読ください。もしくは、どこかでNHKのドラマ「クライマーズ・ハイ」のDVDを見つけ出してぜひご観覧あれ。
ちなみに私がクライマーズハイになる瞬間はですねぇ・・・文章を考えながら打っていて打っていて、ふと考えなくても勝手に指が動いているぜって時でしょうか。ま、たかがしれていますが、結構、クライマーズハイしちゃうと楽しいのです。
MYクライマーズハイを見つけよう。
さて、もうひとつ昔から気になっているのはファミコンの「アイスクライマー」
すっごい面白いという話を聞くのですが、一度もやったことがありません。やったのを見た事はあります。

おすすめのCD「PROJECT GREEN」

おすすめのケーキ屋さん「キルフェボン」

関連記事

  1. おススメの本「パプリカ」

    2006.10.04
  2. おススメの本「28年目のハーフタイム」金子達仁

    2008.01.24
  3. DLP方式高輝度3000lm(3000ルーメン)プロジェクター格安レンタル(浜松…

    2010.11.12
  4. 高輝度3000lmプロジェクターBenQ「MP624」の特長(浜松市・3000l…

    2007.11.12
  5. オススメの映画「ルパン三世 DEAD OR ALIVE」

    2007.08.13
  6. おすすめの本「長いお別れ」レイモンド.チャンドラー

    2006.07.06

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







PAGE TOP