Loading

infomation

おススメの本「パプリカ」


加藤です。
おすすめの本を紹介しようと思います。



「パプリカ」筒井康隆/著
この本は、「夢」と精神医学の世界を巡る、サイコサスペンス作品です。
あらすじをざくっと書きますと、
精神医学研究所に勤める千葉という女性は、もうひとつの顔を持っていた。それは「夢探偵」パプリカ、という顔。患者の夢を共時体験し、その無意識へ感情移入することで治療を行うというものだった。
巨漢の天才・時田と共同で画期的サイコセラピー機器「DCミニ」を開発するが、ノーベル賞候補と目されたことで、研究所内に確執が生じ、権力争いにのみこまれていく・・。
そうしていき、DCミニをめぐる壮絶な戦いが始まり、夢と現実が交錯する重層的空間がくりひろげられていく・・。
こう書くと、まったくもってわからないのですが、
まあ、夢に入り込むことで、精神治療を行っていく女性が主人公で、簡単に人の夢の中に入り込める機械が発明され、それをめぐって戦いがおきる、という話しです。
荒唐無稽なストーリーなのですが、そこは筒井氏さすが、という文章力で、ぐいぐいとひきこんでくれます。
ちょっぴりエッチな描写もあったりしますが、そこはまあアクセントということで。
「夢」というのは芝居を作っていく際に、やっぱり魅力的なフィールドであります。
でも、それを嘘臭くなく、理論を作り上げながら、エンターテイメントに昇華していくっていうのは、すごく大変で、いつも苦労します。
今回、10月の公演に向けて作品を書く上で、最初のアイディアはこの本からいただいてました。
結局話しがかわってしまい、そのストーリーがお目見えになることは、いつのことやら、という感じですが。
こういった小説は、やはり小説として読むのがいいですね。映像とかにすると、なんかイメージと違ってしまいそうですしね。
(かとう)

おススメの本「ぼくを探しに (The Missing Peace)」

おススメの映画・DVD「ハッシュ」

関連記事

  1. 11th produce 公式サイト登場!!

    2006.08.19
  2. 13th produce【ストーリー】

    2000.01.01
  3. 11月情報

    2011.11.15
  4. おススメの音楽『グループ魂』

    2007.01.10
  5. おススメの漫画『強殖装甲ガイバー』

    2006.11.23
  6. お知らせ(近々の活動ご紹介)

    2008.02.08

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP