Loading

infomation

おすすめの本「私の男」


加藤です。
13thプロデュースが終わって数日たちましたが、
今回役作りの上でも読んだ、おすすめの本を紹介します。


080522_2252~01.JPG
「私の男」 桜庭一樹著
第138回直木賞の受賞作です。
この本は、
父と娘の本です。
「なにもかもを奪いあう父と娘」
というキャッチコピーが描かれています。
とてもよいコピーです。
そのとおりのストーリーが展開されます。
ストーリー自体も好きでしたが、
現在から過去へ向かっていく構成もとてもよいです。
あ、そういうことだったのか・・と、最後思います。
今回、「佐藤警部」という娘を執拗に愛する父親役を演じることもあり、
この本は、発売当初から気になっており、
購入して読んでいました。
ほどなく、脚本家から、
「私の男って本がとても参考になるから読んでみてー」というメールがきて、
ふふ、おれはすでに読んでるぜッ!と
ほくそえんだものでした。
話は濃いですが、
直木賞受賞作だけあって、
とても読みやすいです。
とてもおすすめです。

公演終了しましたが

オススメの舞台DVD「空飛ぶ雲の上団五郎一座”アチャラカ再誕生”」

関連記事

  1. 次回公演 【お手伝いさん&スタッフ募集中!】

    2006.07.11
  2. おススメの本『大阪ハムレット』

    2007.10.06
  3. 2月公演・前売WEB予約受付!!

    2009.01.18
  4. おすすめアーティスト 「くるり」

    2006.08.09
  5. おススメの本「28年目のハーフタイム」金子達仁

    2008.01.24
  6. 8月24日オープン稽古情報!!

    2008.08.21

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP