11th produce バッファロークライング



戦うロマンチックエンターテイメント
■作・演出 加藤和大
■日・場所
2006年10月14・15日 IN 浜松フォルテホール
■あらすじ
———–2020年。
バッファローメールとよばれる情報供給システムが、世界を席巻していた。
欲しい情報を欲しいときに届けてくれるバッファローメールを開発したtocomo社では、
より一層の市場独占を狙うため、
バーチャルリアリティ技術を活用したバージョンアップを発表する。
時同じくして、行流のもとに一通の手紙が届く。
10年間会うことも、連絡を取り合うこともなかった想太からの手紙にはこう書かれていた。
「KANAに、今度こそ本物のバッファローを見せよう」
かけがえのない友、想太への”想い”。
原因不明の病気にかかり、消息が分らなくなったKANAへの”想い”。
ふたつの想いとともに、行流の胸を突き刺すのは、
『10年前の自分をみつめることへの恐れ。』
様々な想いを胸に抱きながら、
あの頃出来なかった”戦うこと”への挑戦が静かにはじまった———–。
11th produceのオープニングムービー。
※本番使用曲は、このムービー使用曲と異なります。

■キャスト
ver.A
三上智大 川井崇義 鈴木亜矢子 三浦一哲 石井萌美 山名克俊 中尾幸一朗 山田佳代
伊豫駄博樹 立石智子 竹内祥子 谷口浩司 小野田幹生 佐野翔一 田中夕貴 梅下千恵 山田晴樹 
ver.B
三上智大 川井崇義 木村佐与子 三浦一哲 Ku 山名克俊 青島直史 梶浦京子
伊豫駄博樹 立石智子 竹内祥子 谷口浩司 小野田幹生 佐野翔一 田中夕貴 梅下千恵 山田晴樹 
■ダンス/ダンス振り付け
MASATO  SHO  YUTA  HIDETOMO  SHUYA
■スタッフ
作・演出 加藤和大
舞台監督 小粥幸弘
舞台  棚橋万理・田森聖乃・杉本喜美
ホルスタイン制作 BOLD MAN
音響効果 永井みどり・杉浦絢香(オペ)・柳下直子(オペ)
テーマ曲制作 杉山陽介
照明 株式会社ステージ・ループ
映像製作 鈴木亜矢子・石田知子・鈴木芳典(オペ)・内藤友香(出演)
製作 鈴木一紀・二村宇美・小栗祐美・金指由希子・M田
チラシデザイン 根津聡子
格闘プラン/指導 伊豫駄博樹
 
プロデューサー 永井宏明
11thsyuryo.jpg
→ 11th produce専用サイトはコチラ
→ 11th produce ブログ実況中継中
→ 感想の投稿はコチラ
→ メルマガのお申込はコチラ