1. HOME
  2. 浜松磐田袋井掛川の演劇公演・劇団情報
  3. ワークショップ
  4. 実験型演劇ワークショップ「演劇七地獄」

実験型演劇ワークショップ「演劇七地獄」


観念をぶち壊される。なんというか、役者として、人として強くなれるカオスな演劇ワークショップ。かなり覚悟してお越しください。
オンラインでのご見学も承ります。
(現地でのご見学も若干名受け付けます。)

ワークショップ申込(現地支払) ワークショップ申込(カード払) 見学申込(zoomまたは現地)

ただでさえも苦しい新型コロナ感染症対策下、さらに演劇環境を苦しくする万全な新型コロナ感染症対策を考えたコミュニケーション手法(七つの地獄)のもと、各チーム毎 爽やかな即興作品(青春・友情・ラブコメ 等)を作っていただきます。七つの地獄が入り乱れる現場はカオス。阿鼻叫喚の様相。演劇地獄という名の演劇コンテンツ。になったらいいな。を、参加者として、観客(WEB見学)として体感し楽しんでいただければと思います。

七地獄紹介
・いったい誰と喋っているのか分からない顔を合わせない地獄
いちいち耳と口に当て変えるのが煩わしい糸電話地獄
紙に伝えることを書いてくしゃくしゃに丸めて投げ合う地獄
手旗信号をバージョンアップした凄まじく体力を使うストップモーション信号地獄
遠距離で大声でやり取りしてみんなに迷惑かけている感じがつらい地獄
便利過ぎて演劇の魂が抜かれててしまうオンラインZOOM地獄
般若のお面をかぶり、拍子木がなり始めたら能っぽく舞う鬼滅風地獄

重要注意事項

ワークショップへの参加・ご見学については、以下についてご承知おきください。
1、新型コロナ感染症の状況によっては、イベントの急遽中止をさせていただく場合がございます。
2、せき・倦怠感・発熱など体調不良の際は参加・ご見学は絶対にしないでください。
3、体調をふまえ当日・直前・最中を問わず、参加及び見学の停止を要請する場合がございます。
4、参加・ご見学にあたってはマスクをご持参ください。
5、その他に新型コロナ感染症及びその影響によりワークショップ内容やお願いする事項について急遽変更する場合には、ご協力願います。

ワークショップ概要
名称 MUNA-POCKET COFFEEHOUSE(ムナポケ)
実験型演劇ワークショップ「演劇七地獄」
日時 2020年7月5日(日)15:45〜18:00
※受付時間は15:30から
※18:00過ぎから行う、現在公演模索中のムナポケ秋公演の初回ワークショップ 見学OK
会場 鴨江アートセンター301号室
企画・講師 永井(「奇跡の街」「教室は繰り返す」作・演出)
ご見学について
WEB見学 一般 500円
学生 無料(予約制)
※リアル見学は先着5名までOK。ただし、こちらで用意したスマホを使ってのZOOM配信をお願いする場合がございます。
見学申込 こちらからお申し込みください(別サイトが開きます)
ワークショップの参加について

定員ワークショップ定員 18人(予定)

諸注意 ・地獄っぽさを演出させていただくため、延々と地獄っぽい音楽をそれなりに流します。
・地獄っぽさを演出させていただくため、「分かった」「了解」の代わりに悲鳴を出していただきます。
・地獄っぽさを演出させていただくため、指定時間に「鬼のパンツ」をミュージカル調で全員合唱いただきます。
参加費 1,000円
※web(ZOOM)での参加も若干名条件付きですがOKとさせていただきます。
支給品 ※参加者全員に新型コロナ感染症対策として般若のお面を支給
持ち物・服装 運動できる服装・タオル
マスク・新型コロナ感染症対策
飲み物
覚悟


| ワークショップ

今後の浜松磐田袋井掛川の演劇公演・劇団情報はございません。