Loading

infomation

おススメの本「ぼくを探しに (The Missing Peace)」


-だめな人と だめでない人のために-


何かが足りない
それでぼくは楽しくない
足りないかけらを
探しに行く
「ぼくを探しに (The Missing Peace)」シルヴァスタイン作 倉橋由美子訳
思春期真っ只中、14歳の頃にこの絵本を知りました。
なんとしても手に入れたくて、あちこちの本屋を探し回りました。
中学生の行動範囲内にあるどの書店にもありませんでした。
生まれて初めて、取り寄せてもらった記憶があります。
boku1.jpg
絵本はいい。
自分のココロを反射してくれるから。
読むたびに感じること、考えること、浮かんでくることが変わります。
足りないかけらに出会うことも、かけらを探し続けることも、どちらも幸せなことで必要なことなんじゃないかと思います。
時には”ぼく”の旅に微笑んだり、時には涙したり。
何度読み返しても、毎回違う印象を与えてくれる、そんな本です。
(ニムラ)

おススメのお店「IL CENTORO」袋井

おススメの本「パプリカ」

関連記事

  1. おススメの映画「ゆれる」

    2007.07.23
  2. 高輝度3000lmプロジェクターBenQ「MP624」の仕様(浜松市・3000l…

    2007.11.12
  3. おすすめのお店「たい焼き屋の濱一さん」

    2008.03.16
  4. おすすめの本「長いお別れ」レイモンド.チャンドラー

    2006.07.06
  5. おすすめのミュージカル「ミスサイゴン」

    2008.07.24
  6. おススメの本「国境の南、太陽の西」村上春樹著

    2007.08.25

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP